岳(山)属性はこんな人

伝統を重んじ、古きよき文化が大好きな岳属性。

学ぼうとする意欲が強く努力家で、
これまでの人生経験で培ってきた自分の価値観や、マイルールが大好き。

故に、伝統を軽んじたり、ルールを守らなかったり、
モラルの低い人に対して、強い敵対心を抱く。

自分が納得して決めたことに対してはストイックで、
山道を登るかの如く歩みを進め、 目標に近付いていく着実性は、 12属性でダントツNO.1。

ただし、それができるのは、
"自分で納得して選んだ目標にのみ" で、 周囲からの指示やアドバイスを、
"そのまま実行する" ことは大の苦手、というかほぼ不可能。

どうしても、自己流の解釈で、指示やアドバイスを書き替え、
異なるアクションを起こしてしまうので、
我が強く、石頭な印象を与え、 「この人にアドバイスするのはやめよう…」 と、思われてしまいがち。

だが、岳属性本人にその自覚は全くないので、
徐々に人間関係を狭めてしまうことが多い。
そのため友人が少ない。

どっしりと構え、他を寄せ付けないオーラと、
ガッチガッチの表情の威圧感は凄まじく、 自分の価値観を変えられない。

笑顔で人を寄せ付けない。
頑固を通り越し既に凝固。

安定感というか、良い状態も悪い状態もなかなか変化しない、
動かざること山の如しなのは、12属性で最も高い。

座右の銘「自問自答」で、
ひたすらに自分の頭の中で考えたことだけで、 自分が納得できるまで考えつくそうとする。

そんな岳属性ゆえに、子をもち、親となった場合、
価値観の押し付けや、頭ごなしの教育、
「〇〇しないと、幸せになれない!」
「△△にならないと、生きていけないよ!」
「□□さんの息子さんは、こうなったよ!あなたも負けてらんないよ!」
などなど
になってしまいがちな傾向があるため、
子供が見た目(観相)も含め、心も暗くなったりといった傾向がある。

パートナーが他の属性ならば、そちらに教育の主導権をわたし、
サポート役にまわる方が適性である。

岳属性は宙属性同様に、 自分が岳属性と認めたがらない。

「星かと思ってた…」

とか真顔で言う。(んな訳ねーだろ)

反面、周囲の人間からは確実に当てられる、
分かりやすい人。

周りから「岳っぽいね!」と言われた方は、
鑑定いらずなので大変お得な属性です♪

裏属性と後天属性(GS)によって、
顕著に表の岳属性要素が変化するのも大きな特徴です。

岳属性の恋愛傾向

堅物に見られます。
実際堅物ですから。

観相的にもモテるお顔の方は少なめ。例外は勿論いらっしゃいます。3%弱。
この3%の中には絶世の美男美女もいらっしゃいます。

お互いに真面目で誠実、
真っ直ぐにガチンコで向き合える人とパートナーになりやすいため、
表属性(BS)か裏属性に、 同じ岳や、脈、洋属性を持つ人と相性がとてもよい。

一方で、表属性(BS)が、陽、宙、慈、塊属性の、
属性円で十時クロスに位置する影響力の強い属性は、 我の強い岳属性に、興味をしめしません。

追えば追うほど、相手は引いていきますので、
早めに諦めましょう。

また、星属性の反属性に位置する、
岳属性は、感情や想いで恋をする星属性とは真逆で、 感情ではなく「頭で」恋愛をしがち。

「えっ?感情でしてるよ?」
と聞えてきそうですが、有り得ません。

顔(観相)、スタイル、経済力、優しさ、口調、雰囲気…

出逢った瞬間から、ありとあらゆる相手のデータを吸収、
分析し、自分の条件に合うか合わないか、 ピコピコと計算を始めるのが岳属性(してない!とは言えないですよね?)

自分のことは棚にあげて、
相手の品定めには余念がなく、 ターゲッティングしたら猪突猛進。

堅物が動き出したら最後、もう誰にも止められない
恋愛ブルドーザーに。

カップルとなっても困難が多いのも岳属性で、
顕著なものとして、男女共にほぼ全員が、パートナーをかなり束縛します。

またパートナーに対して、
自分の”所有物”のように考えてしまいがちなところがあるので、
相手の状態や立場を尊重することを忘れてはいけません。

そんな訳で、ほぼ上手くいかないので、
望んでも結婚には最も縁がないのが岳属性。

思いたって、結婚相談所に登録して高条件ばかり出してしまい、
担当者に引かれ、条件を緩めるように提案されるが、 岳属性は大真面目に、 「この条件は譲れない」 と受け付けない。

岳属性の仕事ぶり

資格をとるために一から学ぶ、
絵を描く、 スケジュールどおりに仕上げる、
魅せる仕事や、肉体労働のために筋トレなどで身体を磨く、
ルーチンワークを淡々とこなす、 など、 一人で、黙々と積み上げる能力や才能は、ズバ抜けて高い。

また、12属性中、最も記憶力が高い岳属性。
台本を覚えることが必須の役者さんにも岳属性は多い。

また日本では、ある意味、記憶力さえよければ(学校の勉強さえできれば)なれてしまう、
医師、教師、士業の4割弱を占める。

但し、決して器用ではなく、コミュニケーション能力が著しく低い岳属性が多いため、

・内科医にはなれても外科医にはなれない

・教師なのに字が汚い、保護者から度々対応能力の低さについてクレームが入る

・弁護士や検察官になったけど、裁判で自分の価値観一辺倒でしか追及できずに、
ちょっと器用な相手にはコテンパンに論破されて敗北ばかり…

といった岳属性が顕著に多く(8割強)
つまり、上記職業には向いていない。

正確な仕事が評価されるプログラマー、測量士、経理や事務、運転士、整備士、
抜群の正義感を活かせる警察官などの適性が極めて高い。

また、仕事において、ケアレスミスが12属性中、最も多いのも岳属性。

えっ!? まさか!?
ということを、たびたびやらかしてしまう。

理由は明白で、
自身の論理が固まらないと身動きができず、 それでいて人の話(特に自分にとっては都合の悪い話)は、
さっぱりと聞き流してしまうから。

真面目で誠実なので、
価値観の固い組織の中で、実直に成果を出していった結果 社長に任命されたり、
親が立上げた会社を、真面目な子供にという流れで 二代目社長に、なんてこともよくある岳属性ですが、
ハッキリ言って、社長やリーダーには向いていません。

頭が固いので(本人に自覚はない)、
現状維持(守る)は得意だが、新しい価値観を取りいれることは苦手。 (しつこいですが、本人に自覚はない)

また真面目ゆえに、
色んな人の意見を聞きすぎて、 結果、折衷案に落ち着かせることしかできずに、 当たり障りのない結論で周囲からの信頼を得られない。

自分が肚落ちするまで、身動きができないので、仕事においても "良きタイミング" を、逸しやすい。

だが!
我を捨て、他の価値観を取入れてから、
得意の論理的思考を生かすことさえできれば、鬼に金棒。

自分では、違うと思う意見だけれど、
「試しにやってみよう!」 をやってみよう!

岳属性の著名人

役作りも、肉体作りも超ストイック、岡田准一さん

日曜の朝に「カーーーツ!」の、張本勲さん

「あなたとは違うんです!」…いや、その発言こそが…、福田康夫元総理さん

固さがお顔から滲み出ておられる第65代横綱、貴乃花光司さん

頭が良くて頑固で、ちょっぴりお茶目な部分も隠しもつ、北村晴男弁護士さん

表属性は岳属性、裏属性はカッカしやすい靂属性、なるほど…泉ピン子さん

お子さんがゲームの約束ごとを守らなかったので、
そのゲーム機をへし折ったヴァイオリニスト、高嶋ちさ子さん

固~くて冷た~いコメントが秀逸、国際政治学者、三浦瑠麗さん

実はとっても偉い脳科学者、でもコメントはカッチカチ、澤口俊之さん