陽属性(男性)はこんな人

年齢に関係なく天真爛漫で、
「燃料は元気です!」
というタイプ。

表現豊かな陽属性の男性。

居るだけで場の空気を明るくしてくれるムードメーカー。

重苦しい場面でも、それに引きずられることなく、
突拍子もないギャグなどで、
おちゃらけて空気をガラっと変えてくれる有難い存在。

会社などの組織や、スポーツチームに、
一人いるだけで、
メンバーのメンタル状態が良好に保たれる貴重な人材です。

一方で、空気を読むことは苦手。
ちょっと古い表現で言えばKY。

でも自分がKYだという自覚がないことがもっと問題。

周囲の冷ややかな目など何処ふく風で、
湧き出る自己顕示欲にピュアに従い、
人前に出て大スベリしたり、
SNSに書込んで「た~まや~」というくらいド派手に炎上。
太陽だけによく燃える。

皆に注目されることが大好き…
…というか…
快感を覚えてしまうタイプ。

他人のことも、自分のことも応援するのが大好き。
よく言えば面倒見がよく、悪く言えばお節介。

ここまで読んで、数多くの女性の、

「あ~むかし、こんな男の子、クラスに居たな~」

という声が聞こえてきそうですが、
女性にそう感じられていた、
所謂
”目立ちたがり屋”
の男子は、
高確率で陽属性です。

大人になってもそれは変わらず、
彼がいるだけで部屋の体感温度が1、2度上がるので、
エアコンの温度の調整が必要なレベル。

他にも、
・熱しやすく冷めやすい。
・思ったことがすぐに口に出る(出てしまう)。
・字が汚い割合高い。
・考える前に行動する。

こんな方は陽属性の可能性が大です。

陽属性の男性は、こういった特性を受け止めた上で、
如何に”自分の我(が)や欲求を抑えられるか!”が、人生の重要課題。

「こうしたい!」

という直感的エネルギーが強いのですが、

「・・・でも!待て!待つんだっ!俺っ!!!」

と、自分を止めることさえ出来れば、
物事が好転していきます!!

元来、運気はとても良い陽属性。

ただせっかくのチャンスや縁を、
取りこぼしてしまいがちなのが
たまに傷というか、しょっちゅう傷なのです。

陽属性(男性)の恋愛傾向

気を惹きたい女性に対して、かなりズレた努力をしてしまいがち。

例えば、お洒落で清潔感のある男性が好きな女性に対して、
筋トレしてムキムキな身体にし、
汗臭いイメージをもたせてしまい、
当然ながらその女性に全く相手にされなかった…
筋肉から滴り落ちるのは、汗か涙か…

こんな感じで、
とかく、裏目!裏目!にでます。

陽属性の男性が、合コンを開催する時は、特に特性がでやすい。

まず女性を集めなくてはならない!

でも観相にも経済力にも自信がもてない陽属性の男性は、
まず、観相のよいイケメン男性を
”1人だけ” 用意します。

そのエサ(イケメン)で女性を集め、
そして、合コン本番で自分は、
「面白い人」を演じようと頑張る!

もちろん空気が読めないので滑ってしまい、
女性を射止めることは叶わない…

大抵こんな感じです。

家庭をもった後も、家に帰ると家族に頭が上がらず、
階級はペットより下。外弁慶。

最後に…Mの方が多いです(笑)

陽属性(男性)の仕事ぶり

目立つことやパフォーマンスが大好き…
でも周りは引いている…

そんな陽属性の男性は、
仕事ぶりにも顕著にソレが表れます。

陽属性の男性が、
常に目立ちたい!
と思うのは、
自分に自信がもてない…
という心の裏返し。

故に応援役に回って、目立とうとすることも多い。

他人のふんどしで相撲をとり、人気もとりにいく。

また、建設的に仕事を進めていくのが苦手で、面倒くさがり。
出たとこ勝負が大好き。

失敗すると人のせいにしてしまう傾向もあるので、
その時はよくても、自分の問題が解決しない。

宴会やイベントで被り物をしたり裸になったりする人もいるが、
これも大抵スベる…
でも今更服を着ることもできず…
なんともいたたまれない空気が漂う…
なんてことも。

陽属性(女性)はこんな人

陽属性は太陽ですが、
その中でも黒点エネルギー的な
要素をもっているのが陽属性の女性。

女優に例えると名バイプレーヤー。

故に、無理に主役になろうとしたり、目立とうとすると、
無理が浮き出てしまい、
人間関係を壊してしまう原因になります。

あくまで自分のペースで、立ち位置を見失いさえしなければ、
原因不明の難病罹患率が高いが長寿…
というように、

「あれ?駄目かと思ったけど、結果としては良かったよね!」と、いった具合に、

「災い転じて福となす」

このような運気に恵まれるのも、女性陽属性の顕著な特性です。

”結局丸く収まる人生”
なので、
本人の幸福感はとても高い。

ニカ!!っと歯をみせて笑う女性に多いのも、陽属性です。

陽属性(女性)の恋愛傾向

陽属性の男性と同じく、
熱しやすく冷めやすいので、
恋愛経験は多め…
そして…恋愛トラブルも多め(笑)

付き合いたての恋人の、
ちょっとした言動で冷めやすい女性陽属性ですが、
一度のめり込んでしまうと、どんどん想いが募り、
ストーカーチックな行動も制御が効かずに、
嫌われてしまうことがあるタイプなので注意が必要。

観相が比較的よくモテる方が多いが、反比例するように
”男運”が低い。

恋愛系のことで、からかうと、顔を真っ赤にして照れる、太陽だけに(笑)

数代前の過去世では”側室率”が高く、
報われない恋のトラウマを引きずっていて、
恋愛に対して臆病だったり、
「もう恋愛なんていいや…」
と、どこか諦めているが、
所謂 ビビビ!!っときたら、
「これが最後の恋!」
と、周囲の「お前の最後は何回あるんだ…」という声など
お構いなしに恋愛モードに突入する。

恋愛を始めると、彼に夢中になり、
それまで培ってきた仕事、友人、家族、などを、
全てほったらかしにして、彼からフラれたら、ナニも残っていない…
そんなベタな例が、とっても顕著な属性なので、ご注意を。

陽属性(女性)の仕事ぶり

目立つポジションではあるが、 組織やチームのTOPに立つのは苦手とする方が大半。

毎日これをやる!と、決まっている仕事やルーティンワークは生理的に無理。

裏属性にもよりますが、
総じて遅刻が多いのも女性陽属性の特徴ですから、
信頼を失わないように、
身の周りの時計を、全て5分なら5分と決めて進めておき、
その時計を基準に行動を開始するとよいでしょう。

「まだ(実は)5分ある」

など考えてはいけません。

こんなちょっとした自分への甘やかしが女性陽属性は大好きです(笑)

辛い仕事の後には、大好きなスイーツ、お酒、洋服などを買って帰ったりして
上手にストレスを発散し、次の日にはまたニコっと出勤、
仕事に対しての切替はとても上手。

陽属性の著名人

熱い!人によっては”暑い”応援団長の、松岡修造さん

空気が読めてない芸の、出川哲朗さん、狩野英孝さん

「京子~オイオイオイ!!」の、アニマル浜口さん

名バイプレーヤー女優の、木村多江さん、西田尚美さん

元マラソン選手 ちょっとうるさい 松野明美さん

結局一番売れている? 指原莉乃さん

霊長類最強女子、レスリング 吉田沙保里さん

THE陽属性女子、剛力彩芽さん